AGA(男性

壮年性脱毛症とは?AGAとの違いは?セルフチェック方法と対策解説

AGAの中で40代~50代を対象にするのが壮年性脱毛症

40代を迎えると、男性にとっては薄毛が気になる年齢になります。その中でも特に40代から50代にかけては、壮年性脱毛症が多く見られます。

この壮年性脱毛症は、男性ホルモンDHTが髪の成長サイクルを乱すことで引き起こされます。AGA(男性型脱毛症)とは違い、40代から50代の年齢層を中心に進行する症状です。

本記事では、壮年性脱毛症の症状や原因、セルフチェック方法、治療・改善方法について詳しく解説します。また、女性の薄毛や抜け毛についても紹介し、40代の薄毛対策についてまとめました。40代になってから薄毛が気になってきた方は、是非一読してください。

壮年性脱毛症とは?

壮年性脱毛症は、主に40代から60代前半の男性に現れる、進行性の脱毛症です。男性ホルモンの影響により、頭皮の毛母細胞の働きが弱まってしまうことが原因とされています。

日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版統計によれば、、40代で30%、50代以降になると40%以上の男性が壮年性脱毛症に悩まされると言われています。

壮年性脱毛症の症状

壮年性脱毛症の症状

壮年性脱毛症の症状は、徐々に髪が薄くなり、頭頂部(頭のてっぺん)や前頭部(額)から脱毛が始まります。

髪の毛が抜けた部分の形をアルファベットになぞらえて、O字型、M字型、U字型などと呼ばれています。それぞれの形状は以下のようになります。

O字型

頭頂部から頭髪がだんだん薄くなっていき、その後全体に広がっていきます。進行すると、頭のてっぺんがほとんど無毛状態になることもあります。

M字型

前頭部から真ん中を残すような形で、生え際から後退していきます。進行すると、前頭部の左右両端がさらに後退し、中央部分の髪も薄くなることがあります。

U字型

前頭部の生え際から後退していきますが、M字型のようには生え残る部分がありません。あまり進行していない時は、少しおでこが広いくらいの印象に見られます。

進行が進むと、前頭部全体が薄毛や無毛状態になることがあります。

上記の症状が同時に進行することもあり、また違った形で脱毛が進むこともあります。

脱毛の進行状況や形状は個人差がありますので、それぞれの状況に合った治療方法を選択することが重要です。

壮年性脱毛症の原因は?

壮年性脱毛症にはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが大きく関係します。テストステロンは、筋肉質の体型や濃い体毛の発生などに影響を与える一方で、薄毛の原因ともなることが知られています。

テストステロンが変換されて生成されるジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが、髪の毛の成長を阻害します。DHTの作用により、細くて短い髪の毛が増え、十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。

この状態が続くと、抜ける髪の毛が成長するよりも多くなり、薄毛に進行していくのです。

細くて短い髪の毛が多くなって、十分に成長する前に抜けてしまいます。

こんな状態が多くの髪で続けば、成長するより抜けてしまう髪の毛が多くなって、薄毛になってしまうのです。

男性ホルモンが多いほど薄毛になり易い?

脱毛が始まるスイッチが入る年齢には個人差があります。

一般的には、若い頃ほどテストステロンの量が多く、40代を境に減少していきます。もしテストステロン量が男性型脱毛症の発症と直接関係しているのであれば、若い頃に脱毛症に悩む人が多いはずです。

しかし、実際には年齢が上がるにつれて脱毛症の発症者が増えています。これは、脱毛が始まるスイッチが入る時期が個人差があることから、発症する年齢が異なることを示しています。

ストレスや生活習慣も壮年性脱毛症の原因

ストレスや生活習慣の乱れは薄毛・抜け毛の原因です。

喫煙、偏った食事、自律神経の乱れなどが、毛根まで栄養が行き渡らず、毛が細くなったり抜けたりすることを引き起こします。

健康的な生活習慣を心がけることで、薄毛や抜け毛のリスクを減らすことができます。

壮年性脱毛症以外の原因も含む一般的な薄毛の原因について、以下の記事で説明しています。

壮年性脱毛症とAGA(男性型脱毛症)の違いは?

AGAの中で40代~50代を対象にするのが壮年性脱毛症

壮年性脱毛症とAGA(男性型脱毛症)は、どちらも薄毛の症状を示すものですが、対象年齢に違いがあります。

AGAは、思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状全般を指します。一方、壮年性脱毛症は、AGAの中で特に40代~50代の男性を対象とした薄毛の症状を示します。

壮年性脱毛症は、AGAの中で特に40代~50代の男性を対象とした薄毛の症状です。

一般的に、男性薄毛の95%は頭頂部や前頭部から進行します。40代~50代の薄毛に悩む男性の大半は、壮年性脱毛症と言えます。

AGAによる薄毛の症状・原因・予防対策については以下の記事でまとめています。

壮年性脱毛症のセルフチェック方法

チェック項目 説明
父方の親族に薄毛の方がいる 父方の家族に薄毛の人がいる場合、遺伝的な要素が考えられます
母方の親族に薄毛の方がいる 母方の家族に薄毛の人がいる場合も、遺伝的な要素が考えられます
髪の毛が細くなっている 髪の毛の太さが徐々に細くなっている場合、薄毛の兆候です
髪の毛にコシが無くなっている 髪の毛に弾力がなくなり、しなやかさが失われている場合、薄毛のサインです
額の面積が広くなってきた 髪の生え際が後退し、額が広くなってきた場合、薄毛の可能性があります
頭頂部の髪の毛が薄くなってきた 頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっている場合、薄毛の兆候です
頭頂部と額の両方の髪の毛が薄くなってきた 頭頂部と額の両方で髪の毛が薄くなっている場合、薄毛の進行が考えられます
抜け毛の量が増えている 抜け毛の量が増えている場合、薄毛の進行が始まっている可能性があります

壮年性脱毛症かどうか気になる方は、上記のセルフチェックリストを定期的に確認してみましょう。

上記の項目にひとつでも当てはまる方は、壮年性脱毛症の可能性が疑われます。

もちろん個人差がありますが、心配な方はAGA専門クリニックの医師による薄毛のチェックを受けてみてください。

AGAの初期症状セルフチェックの方法を以下の記事で説明しています。

壮年性脱毛症の治療・改善方法

薄毛治療薬は副作用もあるのでAGA専門医にご相談を

壮年性脱毛症は、医療専門家の意見を聞くことが重要です。

薄毛専門クリニックで原因に合った対策や治療を提案してもらいましょう。

それでも、生活習慣も治療の効果を大きく左右します。

以下で壮年性脱毛症の治療方法、及び改善方法を説明します。

内服薬を使用する

日本で認可されている薬は「プロペシア」と「ザガーロ」の2種類で、壮年性脱毛症にも効果があります。これらの薬は、AGAの原因であるDHTの生成を抑止するため、薄毛の進行を止めることができます。

ただし、これらの内服薬は副作用のリスクがあるため、医師の診断と処方に基づいて正しい服用方法を守ることが重要です。

加藤AGAクリニックは投薬治療を得意としているので気軽にお問合せください。

プロペシア

「プロペシア」は、5αリダクターゼという酵素を阻害することで、テストステロンから生成されるDHTの生成を抑制します。DHTは、頭皮に存在する酵素である5αリダクターゼによって生成され、髪の毛の成長を妨げる作用があるとされています。

ザガーロ

「ザガーロ」は、「プロペシア」と同様に5αリダクターゼを阻害することでDHTの生成を抑制しますが、より強力な抑制効果が期待できます。そのため、治療効果が高いとされています。

生活習慣を改善する

  • 生活習慣の改善は、壮年性脱毛症の治療にとって非常に重要です。適切な生活習慣を維持することで、薄毛の進行を遅らせたり、改善することができます。

    まずは、規則正しい生活を心がけることが大切です。不規則な生活やストレスが多い環境で過ごすことは、薄毛を悪化させる要因となることがあります。規則正しい生活を送り、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

    また、ダイエットや喫煙などの過剰な生活習慣は、薄毛を引き起こす原因となることがあります。適度な運動やバランスの良い食事を心がけれましょう。

    良質な睡眠も、薄毛の改善につながります。睡眠不足はストレスを増やし、ホルモンバランスを崩すことがあるため、質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

    さらに、栄養バランスの良い食事も薄毛の改善につながります。ビタミンやミネラルなどの栄養素を適切に摂取することで、髪の毛の成長を促すことができます。ビタミンB群や亜鉛、鉄分などが特に重要な栄養素です。

運動をする

生活リズムが整ってきたら軽く運動することで、血行を促進させ、髪にも十分な栄養を届けるようになります。

発毛剤や育毛剤で外部から髪の栄養を注入しても、体内を巡らなければただ着けているだけに終わってしまいます。

先ずは体内から栄養を循環させることが大事ですよ。

ヘアケアを行う

健康な頭皮維持のために頭皮の血行を良くするには以下のヘアケア習慣が大切です。

  • 過剰な刺激を与えるシャンプーを使わない
  • パーマとカラーを短期間のうちに行わない
  • シャンプーは正しい方法で行う

ブラッシングは丁寧に、また週1回シャンプー前に頭皮オイルマッサージをすることが効果的です。

ヘッドスパで血行促進

ヘッドスパには頭皮洗浄・血行促進・リラックス効果があります。

自分でのヘアケアには限界がありますが、定期的なヘッドスパは薄毛や抜け毛対策には非常に効果的です。

プロの手による徹底的な頭皮洗浄、頭皮マッサージによる血行促進で、髪にしっかり栄養が届くので,育毛剤の効果も高まります。

ストレスのせいで薄毛や抜け毛に悩んでいる方も多いので、体をリラックスさせることで、頭皮だけでなく体全体の健康につながります。

女性の薄毛や抜け毛は壮年性脱毛症?

女性の薄毛や抜け毛は壮年性脱毛症?

女性の薄毛や抜け毛は壮年性脱毛症とは異なる症状があります。女性の薄毛の多くは「びまん性脱毛症」と呼ばれ、分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えることが特徴です。

女性は30代前半をピークにして女性ホルモンの分泌量が低下し、ホルモンバランスの乱れによって抜け毛や薄毛が発症します。また、妊娠や出産によって一時的に抜け毛(産後脱毛)が増えることもありますが、通常1年くらいで自然に回復します。

女性の脱毛症は男性のように毛穴から髪の毛が全部抜けて、毛根が死滅するものではありません。ただ、毛が細くなり、髪の量が減ってボリュームがなくなることが特徴です。

ロングヘアや同じ分け目に注意

長い髪をキツく縛ったり、同じ分け目を長時間続けたりすることで、部分的に脱毛することもあります。この場合は、髪型や分け目を定期的に変えることで対処することができます。

女性特有のストレスも薄毛の原因に

女性特有のストレスによって、抜け毛や薄毛が引き起こされることがあります。

子育てや家庭の問題、仕事と結婚のバランスなど、主婦としての生活においてストレスを感じることも多いでしょう。更年期障害になる方もいらっしゃいます。

正しいヘアケアやダイエットの見直し、ストレス解消によって、比較的短期間で薄毛や抜け毛を改善することができます。ただし、改善が見られない場合は、薄毛治療専門クリニックを受診することをおすすめします。

加藤AGAクリニックは女性薄毛治療を得意としているので気軽にお問合せください。

まとめ:40代の薄毛対策は迅速に!

40代から50代男性の場合はAGA発症に加えて、社会での役割や立場からくるストレスや過労が重なって、更に進行し易くなってきます。

ですから、短い毛が頻繁に抜けるようになったり、毛が細くなったと感じたら、直ぐに薄毛・抜け毛治療に取り組むことが大切です。

それが今後、薄毛が進行するか回復するかの分かれ道となるでしょう。

治療費の面でも、初期症状での対応なら最低限で済みます。

AGA症状が現れたら、早期治療を目指してプロペシアやザガーロ、ミノキシジルを使用することで回復が期待できます。

早めの薄毛治療専門のクリニック受診をおすすめします。