AGA(男性

AGA治療のすべてを最新治療法から費用まで徹底解説

特に30代から50代の男性に多く見られるAGA(男性型脱毛症)は、髪の毛が細くなり、薄毛が進行する特徴があります。しかし、正しい知識を取り入れ、適切な治療法を始めることで、AGAの進行を遅らせたり、止めたりすることが可能です。

この記事では、AGAに有効な治療法の基本情報、最新の治療法、副作用の対処方法までを詳しく解説しています。また、治療を開始する最適なタイミングや、長期的な生活への影響についても詳しく説明します。

この記事を読むことで、AGA治療に関する正確な情報を得て、自分に合った適切な治療法を見つけましょう。

月間300人以上の来患実績を誇る大阪AGA加藤クリニックは、患者様の症状に合った治療法をご提案します。無料カウンセリングであなたに最適な治療法を見つけ、薄毛の悩みから解放されましょう。

AGA治療と一般的な薄毛治療の違いは?

AGA治療と一般的な薄毛治療の違いは?

AGA(男性型脱毛症)と一般的な薄毛治療は、根本的なアプローチが異なります。AGAは遺伝やホルモンの影響、特にジヒドロテストステロン(DHT)によるものです。DHTが過剰に作られることで、毛髪の成長期が短くなり、薄毛や抜け毛が進行します。

AGAの原因については以下の記事で詳しく解説しています。

この原因が毛髪の成長サイクルに影響を与えるため、治療はDHTの生成を抑制するホルモンレベルの調整や毛乳頭細胞の活性化に重点を置いています。

一方、一般的な薄毛は栄養不足やストレス、頭皮の問題など様々な原因によるものです。ですから、こちらの治療は頭皮の血行を促進する治療や栄養補給、リラクゼーションによるストレス軽減が中心になります。

AGA治療法6種類の特徴

AGA治療法6種類の特徴

AGAで効果が実証されている治療法について説明します。

ミノキシジル

ミノキシジルは、頭皮の毛細血管を拡張させて髪の成長を促進する効果があります。血流の改善により、髪の毛に必要な栄養素が毛根まで届きやすくなり、発毛を促す作用が期待されます。また、短くなったヘアサイクルを改善する効果も期待されます。

ミノキシジルは外用薬として使用され、直接頭皮に塗布します。外用薬は副作用のリスクが低いというメリットがあります。

また、ミノキシジル内服薬としても利用される場合があります。AGA治療では「攻めの薬」として位置づけられており、毛母細胞の成長を促進し、髪の毛の成長を助ける作用があります​​。

もともとは高血圧治療薬として開発されましたが、多毛の副作用が発見され、その後AGA治療薬としての効果が認められました。

ミノキシジルの費用相場

ミノキシジル内服薬の相場は月5,000円~8,000円です。ミノキシジル外用薬は内服薬より少し高く、月10,000〜18,000円で、ミノキシジルの濃度によって異なります。

フィナステリド(プロペシア)

フィナステリド(プロペシア)は、AGAの主要な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し、抜け毛を減少させる効果があります。これにより、薄毛の進行を抑え、既存の髪の毛を保持するのに役立ちます。

AGA治療では「守りの薬」として位置づけられており、薄毛の進行を防ぐ効果があります​​。フィナステリドは内服薬として使用され、一日一回の服用が一般的です。

AGA治療に用いられるようになったのは比較的新しいですが、 5αリダクターゼという酵素の活動を阻害して、DHTの生成を抑制する効果が確認されています。

一般的に副作用が少ないとされており、日本で2005年に認可された国内初のAGA治療薬です。

フィナステリド(プロペシア)の費用相場

プロペシアは8,000円~10,000円(28錠)が相場です。プロペシアのジェネリックは、同じ主成分を持ちながらも価格が約2割安い特徴があります。

デュタステリド(ザガーロ)

デュタステリド(ザガーロ)は、フィナステリドと同様にDHTの生成を抑制する薬ですが、より強力な効果が特徴です。デュタステリドは5αリダクターゼのⅠ型およびⅡ型の両方を阻害し、フィナステリドよりも広範囲にDHT生成を抑制します。

デュタステリドは内服薬として、通常は1日1回の服用が推奨されます。

フィナステリドに次いで開発されたDHT抑制剤で、AGA治療においては比較的新しい治療薬です。DHTの生成をより強力に抑制することで、薄毛の進行をより効果的に遅らせることができます。しかし、プロペシアに比べて副作用が起こりやすい点に注意が必要です。

同じくデュタステリドを主成分とするアボルブは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されました。AGA治療にも使われています。

デュタステリド(ザガーロ)の費用相場

デュタステリドの治療費用は、1ヶ月あたり約8,000円から13,000円が相場です​​。アボルブは、ザガーロに比べて価格が1割程度安い特徴があります。

大阪AGA加藤クリニックでのザガーロの使用方法について、こちらの記事で詳しく解説しています。

PRP療法

PRP(Platelet-Rich Plasma)療法は、患者自身の血液から血小板を豊富に含む成分を分離し、これを頭皮に注入する治療法です。自己の血液成分を用いた、AGAに対する新しいアプローチです。

患者の血液を採取し、特殊な処理を施して血小板を濃縮した後、これを薄毛の部分に直接注射します。血小板から放出される成長因子が毛母細胞を刺激し、毛髪の成長を促進します。

内服薬や外用薬に反応しない重度のAGAや、薬剤による副作用が懸念される場合の選択肢として用いられます。傷の治癒を促進する方法として使用されていた技術を、AGA治療に応用した治療法です。

PRP療法の費用相場

PRP療法の費用は1回の治療につき約50,000円から200,000円が相場です​​。ただし、クリニックや治療の頻度によって費用は異なります。

PRP療法がどんな治療法か、こちらの記事で詳しく解説しています。

植毛手術

植毛手術は、AGA治療の最終手段として用いられる永続的な治療法です。患者自身の毛髪の豊富な後頭部から健康な毛包を採取し、薄毛の部位に移植します。

他の治療法で十分な効果が得られない進行したAGAに対して選択されることが多いです。植毛技術は年々進化しており、現在では自然な仕上がりと持続性が期待される高度な手術法が開発されています。

永続的な髪の毛の再生が期待できますが、手術の成功は技術や採取する毛包の質に依存します。

植毛手術の費用相場

植毛手術の費用は、1回の手術につき約500,000円から3,000,000円が相場です。移植する毛包の数や手術法によって費用は異なります。

自然療法

自然療法は、食事改善やサプリメント、ストレス軽減など、体内からAGAにアプローチする方法です。AGA治療において体に優しい方法として選ばれることがあります。

医薬品の副作用を避けたい方や、自然治癒力を高めたい方に適しています。リスクが低く、全体的な健康状態の向上にも寄与する可能性があります。

自然療法の費用相場

一般的には、医薬品を用いる治療法に比べて低コストで行えることが多いですが、自然療法の費用は大きく異なる可能性があります。採用する食事療法やサプリメントの種類、購入場所によって変わります。

AGA治療の費用は保険が適用される??

AGA治療の費用は保険が適用される?

AGA(男性型脱毛症)治療において、日本では基本的に健康保険の適用はありません。これはAGA治療が二重まぶたや脂肪吸引などの美容整形と同じく「美容目的の自由治療」とみなされるためで、一般的な医療費控除の対象にもなりません。

ただし、円形脱毛症やびまん性脱毛症、脂漏性脱毛症など、別の脱毛症であれば保険適用の治療が可能なケースもあります。詳細はクリニック、及び税務署に相談することをおすすめします。

また、誤解している方が多いのですが、AGAクリニックであっても、一般の皮膚科であっても、AGA治療治療費は全額自己負担となります。

AGA治療費用の相場と内訳は?

AGA治療の費用の主な内訳は以下です。

  • 診察料(初診料・再診料)
  • 治療薬代
  • 検査料
  • 処置料

最も大きなウェイトを占めるのは薬代です。

初期のAGAで、内服薬で治療を行う場合は、治療費用は月々3,000〜15,000円が目安です。外用薬による治療は月々6,000〜15,000円が目安です。

症状が進んでいて内服薬と外用薬を併用する場合は月額9,000〜25,000円が目安となります。

ジェネリック医薬品を選択することで、治療費を抑えることも可能です。

AGAは内服薬や外用薬だけでも改善することが多いため、必ずしも最初からPRP療法や自己植毛など高額な治療から始める必要はありません。

AGA治療はいつ始めればいい?

AGA治療はいつ始めればいい?

AGA(男性型脱毛症)治療を開始する最適なタイミングは、以下のようなAGA特有の薄毛や抜け毛の兆候が現れ始めたときです。

  • 生え際やつむじの頭皮が目立ち始める
  • 抜け毛の本数が増加する
  • 髪の毛が細くなりコシがなくなる

AGAは進行性の脱毛症であり、早期に治療を開始するほど効果的です。AGA治療は早期に開始することで、正常なヘアサイクルを維持し、健康な髪の毛を育成することが可能になります。

内服薬、または内服薬と外用薬(塗り薬)を併用することが一般的で、効果が十分に認められれば塗り薬の減量や中止も可能です。

AGA治療は毛根も復活させる?

AGA治療であっても、毛根が一度なくなれば、その部分の髪の毛は再生しません。一度失った毛根は戻らないのですが、これはAGA治療に対する「終わり」を意味するものではありません。

早めの対策と適切な治療で、残った毛根、及び髪の毛を強くし、健康を維持し、見た目の改善も期待できます。

AGA治療薬はどのくらいで効果が出る?

AGA治療薬の効果は、通常3〜6ヶ月で実感できるようになり、ほとんどの方が1年以内に発毛を実感しています。ただし、効果の実感には個人差があります。

効果が見られない場合は、医師との相談を通じて治療計画の見直しが必要です。AGA治療は進行性のため、治療を中止すると再び薄毛が進行する可能性が高いことにも注意が必要です。

AGA治療をやめるとどうなる?

AGA治療をやめるとどうなる?

AGA治療を中断すると、脱毛の進行が再開することが多く、症状が進行する速度は個人差があります。特に、ミノキシジルなどの治療薬の効果は治療を停止すると急速に失われ、元の状態に戻る可能性が高いです。

頭皮の脂分が増加し、炎症が起きやすくなることも見られます。AGA治療を中断した患者の約70%が、6カ月以内に抜け毛が増加したとの報告もあります。

また、治療を一度中断して再開する場合、その効果には変動が出る可能性があります。特に、長い期間にわたって治療を中断していた場合、以前と同じ治療薬が効かないケースもあります。このような場合、治療プランを再度練り直す必要があります。

まとめ

AGA(男性型脱毛症)治療について詳しく解説しました。AGA治療は、薄毛の進行を遅らせ、髪の毛の健康を維持するために重要です。

AGA治療は早期に開始するほど効果的であり、一度治療を中断すると脱毛の進行が再開するリスクがあります。したがって、継続的な治療と定期的な医師の診察が不可欠です。

AGA治療は一回きりの施術ではなく、継続的なケアが求められます。持病が一つ増えたと割り切って、継続的な治療を行うことが重要です。

この記事を通じて、AGA治療に関する知識と理解を深め、自信を持って治療に臨んでいただければ幸いです。

大阪AGA加藤クリニックは、多くの患者様に約3~6カ月で発毛効果を実感いただいています。大阪AGA加藤クリニックの無料カウンセリングで、あなたも発毛の道を歩み始めましょう。LINEで簡単に予約ができます。こちらからご予約ください。