お問い合わせ梅田本院24時間
ご予約
お問い合わせ難波院24時間
ご予約
LINE

ザガーロとは

「ザガーロ」とは2015年9月28日に厚生労働省から承認されたAGA治療薬で、グラクソ・スミスクライン(GSK)社から2016年6月13日に発売されました。
「ザガーロカプセル0.1㎎」/「ザガーロカプセル0.5㎎」と2種類の製剤があり、主成分は「デュタステリド」で、MSD社のプロペシア(フィナステリド)と同じ「5α還元酵素阻害薬」に分類されます。
日本では、前立腺肥大症の治療薬「アボルブ」と同主成分で、前立腺肥大に適応がありますが、ザガーロは前立腺肥大症の治療薬としてではなく、AGA治療薬として取り扱われています。
薄毛が引き起こる原因として、ホルモンが大きく関係しています。
男性ホルモン「テストステロン」と還元酵素「5αリダクターゼ」が結びつくことで悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が増加し、AGAの症状が進行します。
「5αリダクターゼ」にはタイプⅠとタイプⅡが存在し、ザガーロはどちらのタイプも阻害する役割を果たす為、DHTを減少させ、薄毛を改善させます。
プロペシア(フィナステリド)はタイプⅡのみ阻害する為、生え際や前頭部、頭頂部における効果としては、ザガーロの方が高いという研究結果もあります。

プロペシア(フィナステリド)で効果が実感できていない方は、ザガーロへ切り替えてみてもいいかもしれません。
プロペシア(フィナステリド)とザガーロとの併用は一般的ではありませんので、プロペシア(フィナステリド)かザガーロのどちらか1種類と、発毛効果のあるミノキシジルを併用することで、より発毛効果を実感していただけます。

プロペシアとザガーロの作用の違い

プロペシアの作用
ザガーロの作用

料金

ザガーロ0.5mg(30カプセル) 11,500円

服用方法

服用方法は1日1回で、食事の影響は特に受けない為、ご自身の都合の良いタイミングで服用していただいて結構です。 お薬の濃度を一定に保つためにも、飲み忘れが無いよう服用いただくことが重要ですので、当院では毎日決まった時間に服用いただくことをお勧めしています。

副作用

ザガーロの副作用としては、プロペシア(フィナステリド)同様、EDや性欲減退(リピドー減退)乳房の女性化や痛み、乳房に関わる障害など、男性にとっては懸念される副作用 が挙げられます。 しかし、こういった副作用が起こる可能性は低いと言われており、容量・用法を守って服用いただければ、あまり心配する必要はないと思われます。 他には、ヘアサイクルの関係で初期脱毛が起きる可能性がある為、服用後約1~2ヶ月は抜け毛が増える可能性があります。

服用できない方
女性

特に、妊娠中や授乳中の女性が服用すると、胎児や赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。服用だけでなく、カプセルが割れてしまい、カプセル内の薬剤が飛び散ることで経皮吸収してしまう可能性もありますので、取り扱いには注意しましょう。

未成年

未成年者の服用に対して、安全性は確認されていない為、服用しないようにしましょう。

肝機能に障害がある方

ザガーロに限らず、どんなお薬でも肝臓で分解され、腎臓で排出されています。 肝機能に障害がある方は服用しないようにしましょう。

監修医師のご紹介

大阪AGA加藤クリニック梅田本院
院長 加藤 健太郎

略歴

平成13年に近畿大学医学部卒業。大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科を経て平成14年より神鋼病院形成外科勤務。平成15年大手美容外科勤務、平成17年大手美容外科形成外科部長植毛部門を経て、平成23年 大阪にAGA加藤クリニック開業。

所属
  • 日本形成外科学会 正会員
  • 日本再生医療学会 正会員
  • 日本抗加齢医学会 正会員
  • 国際抗老化再生医療学会 正会員

監修医師のご紹介

大阪AGA加藤クリニック難波院
院長 井上大輔

略歴

平成24年3月に徳島大学医学部 卒業。平成24年4月より市立伊丹病院 勤務(皮膚科、外科、麻酔科)。平成26年4月から府内総合病院 勤務・大阪AGA加藤クリニック大阪院 非常勤勤務を経て、令和3年5月 医療法⼈煌永会 大阪AGA加藤クリニック難波院 院長に就任。

閉じる×
大阪AGA加藤クリニック