お問い合わせ梅田本院24時間
ご予約
お問い合わせ難波院24時間
ご予約
LINE

AGAって何?

AGA(エージーエー)とは、Andro Genetic Alopeciaの略語で「男性型脱毛症」のことです。ここ最近はテレビCMなどから一般の方にも広く知れ渡りました。AGAは成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。男性ホルモンの影響や遺伝などを主な原因として、生え際(M字部分)や頭頂部の髪がどんどん薄くなっていきます。

AGAは生え際から後退したり、頭頂部から薄くなり始めたり、その両方であったりと様々な進行のパターンがあるというのが特徴です。現在、日本ではAGAの悩みを持つ男性が1200万人もいるといわれており、その数がどんどん増えていっている状態です。

AGA(男性型脱毛症)の原因は?

男性ホルモンはAGA(男性型脱毛症)の主な原因のひとつです。本来であれば男性ホルモンの成分であるテストステロンは髪を増やすものとして存在しますが5αリダクターゼという酵素が原因でDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化します。

DHTは毛母細胞に攻撃をして蓬髪の成長を妨げるために、本来の役割とは逆に抜け毛が増えてしまうということが起きます。AGAは血中の濃度が高ければ高いほど進行していくことが判明していて、髪の毛の成長が完了する前に抜け落ちてしまいます。

結果、ヘアサイクル全体が乱れることで薄毛(AGA)の状態になるのです。男性ホルモン以外にも日常的な食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足、アルコール、タバコもAGAの原因となります。

AGAは進行する?

あなたの5年後、大丈夫?AGAは進行性です。

AGA(男性型脱毛症)を治療せずに放置していると薄毛は進行してしまいます。本来しっかり成長するはずの髪の毛が未成長のまま抜け落ちるので、頭皮はどんどん露出していくことになります。『髪のコシがなくなった』『抜け毛が増えた』という症状が出始めている方は要注意です。

AGAの症状の可能性が高いので、少しでも気になりだした場合はすぐにでも治療をおすすめします。今はまだ大丈夫と思っている方も、進行してしまうと治療にも時間がかかりますので、まずは病院での診断から始めてください。

左図:AGAの5年間の毛髪量の変化データ(参考:海外データ)
※直径1インチの円内(5.1㎠/500円玉くらい)の平均的毛髪量の変化 試験前=930本

AGAは医療機関の正しい治療で治ります

薄毛は病院の治療で治せます。大阪AGA加藤クリニックはAGA専門のクリニックです。国内でも専門を掲げているクリニックはまだまだ少なく、豊富な実績があります。

頭髪の専門医が薄毛治療を行いますが、もちろん医学的根拠に基づいているため、よく見かける医療行為ができないエステサロンやヘアサロンとは全く異なります。多くの方が6ヶ月以内の治療で発毛効果を実感していただいており、喜びの声を多くいただいています。

薄毛や抜け毛が進行する前に、まずはカウンセリングにお越しください。

大阪AGA加藤クリニックのオーダーメイド処方

当院のオーダーメイド処方とは「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2大成分の併用療法で、患者様一人ひとりの状態にもっとも効果的な処方をするAGA治療薬です。

「ミノキシジル」と「フィナステリド」は日本皮膚科学会のランクづけでもクラスAを獲得しており、現在のAGA治療において最も信頼のおける成分です。この2大成分のほかに各種ビタミン、発毛成分である亜鉛などを最適な調合で配合しおり、その配合率は長年の治療経験からフィードバックされたものです。

豊富な症例数をほこる当院だからこそ可能な処方です。また、飲みやすいように1カプセルにして処方を行っております。

当院のオーダーメイド処方薬の特徴

  • 患者様の年齢・性別・基礎疾患
  • 頭髪の状態・毛量・毛質
  • 薄毛の進行具合・抜毛の量
  • 健康状態・生活習慣

これらを統合的に判断・考慮し、その方に最適な治療計画を立て、投薬メニューを組みます

当院の発毛事例

40代男性
治療前
11ヶ月後
治療前
11ヶ月後

AGA(エージーエー)とは、Andro Genetic Alopeciaの略語で「男性型脱毛症」のことです。ここ最近はテレビCMなどから一般の方にも広く知れ渡りました。AGAは成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。男性ホルモンの影響や遺伝などを主な原因として、生え際(M字部分)や頭頂部の髪がどんどん薄くなっていきます。

AGAは生え際から後退したり、頭頂部から薄くなり始めたり、その両方であったりと様々な進行のパターンがあるというのが特徴です。現在、日本ではAGAの悩みを持つ男性が1200万人もいるといわれており、その数がどんどん増えていっている状態です。

治療内容

男性用総合発毛治療薬 Pro Hair+を11ヵ月服用~現在も治療中

治療費用

男性用総合発毛治療薬 Pro Hair+(30カプセル):26,500円

副作用・リスク

むくみ、食欲減退、全身倦怠感(肝機能障害)、乳房障害、抗うつ症状など(副作用発現率は全体の2%程度)、性欲減退(副作用発現率は全体の1~5%程度)

AGAの分類(ハミルトン・ノーウッド分類)

I型
Ⅰ型

前頭部の生え際がM字型に後退しはじめた状態。

Ⅱ型
Ⅱ型

Ⅰ型よりさらに進行した状態。

Ⅱ型 Vertex型
Ⅲ型

Ⅱ型の状態に加え、頭頂部がO型にに薄くなってきた状態。

Ⅲ型
Ⅲ型

Ⅱ型よりもさらに進行し、頭髪全体のボリュームも薄くなった状態。

Ⅲ型 Vertex型
Ⅲ型 Vertex型

Ⅲ型の状態に加え、頭頂部がO型にうすくなってきた状態。

Ⅳ型
Ⅳ型

前頭部の生え際がⅢ型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態。

Ⅴ型
Ⅴ型

V型がさらに進行した状態。

Ⅵ型
Ⅵ型

前頭部と頭頂部の薄毛部分が側頭部のみの状態。

Ⅶ型
Ⅶ型

Ⅵ型が進行し、頭頂部の毛量も減ってきた状態。

AGA(男性型脱毛症)の症状をタイプによって分けたのがハミルトン・ノーウッド分類です。薄毛がどれくらい進行しているかの判定する指標として用いられています。Ⅰ型からⅦ型まであり、数字が大きくなるほど薄毛の進行度合が進んでいることを示しています。

AGA(男性型脱毛症)は遺伝するのでしょうか?
AGAの原因は、遺伝や生活習慣、ストレスなど人によって異なるため一概には言えませんが、その中でも遺伝は大きな影響を与えると考えられています。遺伝に関しては、まだまだ研究中で解明されていない部分も多くありますが、AGAの発症過程における「5αリダクターゼの活性度」と「男性ホルモンレセプターの感受性」は、遺伝により引き継がれ、AGAの要因であると言われています。
AGAかどうか自己診断はできますか?
自己診断する方法としては、抜け毛の本数や額の広さです。抜け毛は1日50~100本程度が正常範囲ですが、それ以上に抜けている場合や、昔に比べて額が広くなったと感じる場合はAGAが進行している可能性があります。ただし、自己判断でAGAの初期症状を見つけることは難しいので、専門クリニックを受診することをお勧め致します。
未成年でも治療できますか?
症状や年齢によって異なりますが、服用できない薬もございます。
詳しくはクリニックにお問い合わせください。
尚、未成年(20歳未満)の方は初診時に保護者の同伴が必要となります。
すぐに効果を感じることはできますか?
治療方法や人によって異なりますが、多くの方が治療開始後約3~6ヶ月で効果を実感されています。当院ではご来院の度に頭部の写真撮影を行っており、治療前のお写真と比較することで、細かい変化も確認いただけます。
閉じる×
大阪AGA加藤クリニック