お問い合わせ梅田本院24時間
ご予約
お問い合わせ難波院24時間
ご予約
LINE

AGA遺伝子検査

AGA(男性型脱毛症)の潜在的なリスク、将来AGAになる可能性を判定するだけでなく、プロペシア(フィナステリド)の感受性判定をおこないます。
今後のAGA治療予防に役立てることができ、治療の参考にもなりますが、すでにAGAを発症している方の場合は薄毛の症状が現れている為、検査よりも医師の診察をお勧め致します。
検査は、口内の粘膜を綿棒でこするだけなので、5分で終了しますが、結果が出るまでには1週間~10日程度かかります。
検査料金は15,000円です。

遺伝子検査について

AR遺伝子の配列の中にはC-A-GとG-G-Cという3つずつの塩基が繰り返される部分があります。
遺伝子検査では、そのCAGとGGCのリピートの合計数でAGAの発症リスクを、GGCの単独のリピート数でフィナステリドの感受性を判定します。
具体的にはCAGとGGCのリピートの合計数が多い人ほど、AGAになりにくく、少ない人ほどAGAになりやすいというものです。

監修医師のご紹介

大阪AGA加藤クリニック梅田本院
院長 加藤 健太郎

略歴

平成13年に近畿大学医学部卒業。大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科を経て平成14年より神鋼病院形成外科勤務。平成15年大手美容外科勤務、平成17年大手美容外科形成外科部長植毛部門を経て、平成23年 大阪にAGA加藤クリニック開業。

所属
  • 日本形成外科学会 正会員
  • 日本再生医療学会 正会員
  • 日本抗加齢医学会 正会員
  • 国際抗老化再生医療学会 正会員

監修医師のご紹介

大阪AGA加藤クリニック難波院
院長 井上大輔

略歴

平成24年3月に徳島大学医学部 卒業。平成24年4月より市立伊丹病院 勤務(皮膚科、外科、麻酔科)。平成26年4月から府内総合病院 勤務・大阪AGA加藤クリニック大阪院 非常勤勤務を経て、令和3年5月 医療法⼈煌永会 大阪AGA加藤クリニック難波院 院長に就任。

閉じる×
大阪AGA加藤クリニック